ハウス・住設

その他

積水化学の研究所が調査/体力劣えたら共有空間も

 積水化学工業・住宅カンパニーの調査研究機関である住環境研究所は、全国の55歳以上の男女1000人に聞いた「定年後の夫婦2人の暮らし方」調査をまとめた。夫婦それぞれが互いに干渉し合わず、自分のペースで社会・友人との接点を持った生活を送りたいというニーズが強い一方、体が弱った場合には夫婦が助け合って暮らしたいというニーズもあった。同研究所では定年後の住まいには「個」と「一緒」の両方の過ごし方に応える ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年11月19日