分譲

特集

【資産運用特集】1Room Markets/ワンルーム市場の展望/新築 利回り鈍るも安定供給/地価上昇における投資用物件の今後

 新築ワンルームは、上場REITおよび私募ファンドによる証券化ビジネスの発展・拡大によって、投資商品としての“優位性”や“独自性”が薄まり、一時の拡大期からやや縮小する傾向にある。一方中古ワンルームは、1996年以降の新規供給の復調によって築浅のストックが市場に出回るようになってきたことで、流通件数の増加と平均価格の押し上げが発生しており、現状では新築市場よりも中古市場のほうが活性化していると言っ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年11月19日