開発

その他

アルデプロ・久保 玲士社長に聞く/ビル再生事業に本腰/開発型案件にも着手

 不動産再活事業を柱に、業績の拡大を続けてきたアルデプロ。その事業領域は、中古マンションや社宅などから、オフィスビルなどにも拡大し、前期(07年7月期)売上高は781億円に達した。これまで、1棟もののマンションやオフィスなどでも数億円から十数億円規模の物件が中心だったが、数十億円から100億円規模の再生物件や、既存物件を取り壊しての開発型事業も積極的に手掛けていくという。10月25日に新社長に就任 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年11月12日