不動産証券化

その他

山崎成人REITアナリストに聞く/年間配当3万円超に軍配

 法人税などの事実上の免除で出資者に高い分配金を出すのがJ-REITの最大の特徴だ。しかし上位3者が株式総数の50%超えを取得した場合は「同族会社」と見なされ、法人税の課税対象となり分配金が約40%減る。FCレジデンシャル投資法人は2007年10月期決算期末時点でこの割合が56.14%になった。このため同投資法人は一口当たりの分配金が計画に対して41.5%減少すると発表。同様の危険にさらされている ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年11月12日