行政, 地域業者

その他

市川・船橋、進む駅前再開発/千葉の“玄関口”を活性化

 東京から千葉への「玄関口」、JR総武線沿線の市川・船橋エリアで、駅と街の一体的な再開発が進んでいる。両エリアは毎年の地価公示でも上昇傾向が続き、商業地・住宅地ともニーズが高まっている人気のベッドタウン。計画に際しては、良好な都市型住宅の供給と魅力ある商業・業務地域の拠点づくりを大きなポイントに定め、高層マンション建設やショッピングモールのオープンなど、街の活性化に向けた様々な取り組みが活発だ。本 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年11月12日