団体

その他

日住協調査第3四半期業況/戸建住宅が大幅に悪化

 (社)日本住宅建設産業協会がまとめた07年度第3四半期の業況調査によると、分譲住宅モデルルームなどへの来場は「普通」が前回調査の4割強から3割へと低下するなど悪化。売れ行きも戸建住宅が大きく悪化。注文住宅も「やや悪い」が5割となるなど、戸建住宅を中心に厳しい状況が浮き彫りになった。  調査は、今年9月に正会員622社を対象に実施。195社から回答を得た。  それによると、分譲住宅の展示場・モデル ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年11月12日