団体

その他

建築士会連合会/改正建基法円滑運用で要望書/「有資格者の活用を」

 (社)日本建築士会連合会(宮本忠長会長)は11月7日、改正建築基準法施行の円滑な運用を目指し、制度の改善策などに関する要望書を国土交通大臣宛に提出した。同要望書では、改正法施行後の問題点の改善策と建築士関連資格者の活用などを求めている。  同連合会は、要望書提出後会見し、要望書は審査する立場にある建築士を含めた全国47の建築士会からの意見を集計し(1)具体的提案と先を見た制度改善策(2)申請する ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年11月12日