行政

その他

社会資本審中央環境審/建築リサイクル法の方向性/合同で検討へ

 国土交通省と環境省の審議会は11月6日、「建設工事に係わる資材の再資源化に関する法律」(建設リサイクル法)を検討する第1回合同会合を開き、同法の現況や今後の方向性などを検討した。  合同会合は、国交省の社会資本整備審議会環境部会建設リサイクル推進検討小委員会(委員長=嘉門雅史・京都大学大学院地球環境学堂長)と環境省の中央環境審議会廃棄物・リサイクル部会建設リサイクル専門委員会(同=細田衛士・慶應 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年11月12日