不動産証券化

その他

来春3号ファンド組成/ラルゴ・コーポ残高300億円へ/運用対象をホテルまで拡大

 ファンドデベロッパーのラルゴ・コーポレーション(東京都千代田区、山本治男社長)は、第3号の不動産ファンドとなる「バランスファンド」を、来春をめどに組成する。東京都心5区を主体としたオフィスビル・商業施設のほか、地方の県庁所在地(人口30万人規模以上)のオフィスビルや商業施設、ホテルなど物件タイプの多様化を図ったファンドにする。  運用資産規模は約150億円の予定。1物件20億~30億円規模の物件 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年11月5日