不動産証券化

その他

リサ・パートナーズ/大型不動産売却通期を上方修正

 不動産ファンド運営などを手がけるリサ・パートナーズが2007年12月期通期業績予想を上方修正した。売上高は270億円(前回予想比1.1%増)、営業利益114億円(同16.9%増)、経常利益100億円(同25.3%増)、当期純利益60億円(同31.4%増)。  ファンド事業で大型不動産を売却し投資利益や成功報酬が当初予想を超えたことなどが理由。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年11月5日