分譲

その他

東栄住宅/人材レベルアップに注力/近郊シフトで業績を回復

 東栄住宅の西野弘新社長は14日開いた中間決算説明会で、販売力強化のため営業要員の増員と人材のレベルアップに取り組む考えを強調した。また、新築戸建分譲業界の勢いに陰りが見られ、郊外を中心に在庫の過剰感が拡大していることへの対応として「郊外から近郊へのシフトに取り組んでいる」と説明。都市部での仕入れを強化する方針だ。  同社の営業要員は、現在約100人体制。これを120~125人程度に増員する。あわ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年9月24日