団体

その他

民都機構/地方への支援拡充/20周年でシンボルマーク

 (財)民間都市開発機構(伴襄理事長)は今年10月1日、創設20周年を迎えるのを機に、新たにシンボルマークを設定するとともに、地方都市の開発に対し融資促進できる制度が導入されたことを広く呼び掛けるなど、時代の変化に合わせた開発事業の支援に取り組む。  同機構は、民間の都市開発を支援する役割を担うため1987年設立され、この20年間で1178プロジェクト、総額で2兆1474億6300万円の支援を実施 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年9月24日