不動産証券化

その他

ファンドクリエーション/金商法に対応するため100%子会社を設立

ファンドクリエーションは9月20日、100%出資子会社「ファンドクリエーション・アール・エム」(伊藤悠一社長)を設立した。資本金は2億円。従業員数10名。金融商品取引法に対応する。不動産関連特定投資運用業を行う。親会社が現在、行っている不動産アセットマネジメント業務の一部も担当する。子会社の住所は、港区六本木6-10-1

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年9月24日