不動産証券化

その他

ムーディーズ/サブプライムの日本の影響低い

 米格付け会社のムーディーズ・インベスターズ・サービスは9月18日、米国の信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題は、日本の証券化商品とは関連性が低いとコメントした。クレジット市場のグローバル化が著しい中、日本の証券化市場においても商品によってスプレッドの拡大が見られるなど、サブプライムローン問題を発端とした信用収縮の影響を過少評価はできないとしながも、日本の証券化の商品性が必ずしも ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年9月24日