その他

連載

日米 不動産事情(32)/全米リアルター協会日本担当前アジア太平洋地区総括責任者・三澤 剛史/MLSで見る流通の仕組み(2)/登録情報の公開制限/MLSは紛争にも関与

 アメリカのリスティングの種類は、専属やオープン(一般媒介)などとさまざまであり、その期間は州内でも一律ではなく、例えばサンフランシスコでは専属選任が90日間、ロサンゼルスでは180日間と慣習に従って地域差がある。  また、もしオーナー自身の判断で契約物件をリスティングサービスに掲載したくない場合、リスティング・ブローカーはオーナーからその旨を書面で受け取り、その情報をMLSに48時間以内に提出す ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年9月24日