行政

その他

千葉県八街市/バリアフリー工事固定資産税減額に

 千葉県八街市は、バリアフリー改修工事が行われた住宅について、家屋の固定資産税を減額する措置を創設した。減額の内容は、工事完了時の翌年度にかかる固定資産税の3分の1が減額される。限度は1戸あたり100平方メートル相当分。  対象は、07年4月1日から10年3月31日の間に行われた改修工事。居住者については、(1)65歳以上の人(2)要介護認定または要支援認定を受けている人(3)障害者の人のいずれか ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年9月24日