その他

連載

住宅時評 トレンドを斬る(441)/ハウジングライター・藤原 利彦/大和ハ、CSR自己評価指標導入の成果/19項目で目標達成/数値化でCSR経営を加速

 大和ハウス工業はこのほど「CSRレポート2007」を発行したが、注目は昨年導入した「CSRに関する自己評価指標」。重要視する6分野45項目の目標を数値化したもので、6分野は「環境」「社会」「社員」「取引先」「株主」「お客様」。CSR自己評価指標を導入したのはCSRの概念は幅が広く、捉えにくいので社員にわかりやすくするのが狙い。  例えばCO2の排出量削減については年度目標を達成すると30点、太陽 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年9月24日