その他

連載

新しい時代の賢い相続対策(24)/タクトコンサルティング代表・本郷 尚/新生活に向けた贈与作戦

(前回の続き)  定年後の奥さんを亡くされたEさんは、Yさんと出会い新生活を思い立ちました。しかし、二人の子供からは思わぬ反対にあいました。そこで思いきって自宅を8000万円で売却することにしました。  自宅売却の結果、これまでの預金や退職金、奥さんが亡くなった際の保険金などで7000万円の蓄えがありましたので、預金は合わせて1億5000万円です。Eさんは自宅の売却資金8000万円を次のように分け ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年9月24日