資格・試験

連載

宅建試験・主要3分野過去問講座・応用編/金商法施行前と施行後の変化

■問題 権利関係/借地借家法 平10-12 Aが、Bに対し期間2年と定めて賃貸した建物を、BはCに対し期間を定めずに転貸し、Aはこれを承諾した。この場合借地借家法の規定によれば、次の記述のうち誤りはどれか。 (1) AがBに対する更新拒絶の通知をしたときでも、期間満了後Cが建物の使用を継続し、Aがこれに対して遅滞なく異議を述べないと、AB間の契約は更新される。 (2) AがBに対し更新拒絶の通知 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年9月17日