その他

連載

海老沼の視点 不動産トピックス(76)/不動産鑑定の条件/「実現性」と「合法性」が必要

 不動産鑑定では「条件」というものがあります。例えば「評価数量は登記簿謄本の数量を採用する」というようなことです。一見当たり前のようですが、これを変形させると「~がないものとしての評価」とか「~が可能であることを前提とする評価」とか、色々な条件が考えられます。しかし、条件をつけてよい場合は「実現性」「合法性」がなければいけないということになっています。勝手に条件をつけても、それが全く実現性や合法性 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年9月17日