行政

その他

国交省/マイスター制度創設/みなとまちの魅力高める

 国土交通省は、「みなとまちづくりにおける新たな担い手との協働のあり方検討会」(委員長∥庄司邦昭・東京海洋大学海洋工学部教授)が12日とりまとめを行ったのを受け、「みなとまちづくりマイスター(仮称)の認定制度」を創設する。NPOなど“新たな担い手”の活動基盤となる施設整備・人材育成支援制度の一環。多くの市民がみなとの魅力を実感できるにぎわい拠点づくりを目指し、国と地方自治体、民間団体などが連携する ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年9月17日