その他

余滴

【余滴】

 9月に入り、旬のフルーツを求めて、群馬県を訪ねてきた。高崎市を通り抜け、長野県の白馬方面をつなぐ国道406号線から県道高崎・榛名線を結ぶラインは、くだもの街道と呼ばれている。この時期は街道沿いに立ち並んでいる直売所で、梨を中心にプラムなどが売られていた。フルーツに限らないが、旬の物を食べることで、季節の移り変わりを感じることができる◆この季節という四季の移ろいが日本の風土・文化の形成に色濃く反映 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年9月17日