開発, 分譲

その他

扶桑レクセル/中野で2000万円台/築36年の住戸を都市型コンパクトに再生

 扶桑レクセルはJR中央線東中野駅徒歩5分の立地で、中古マンションを買い取りリフォームしたマンション1戸を発売した。築36年の2DK・約42平方メートルの住戸を6メートルのワイドスパンを生かしたSTUDIOタイプに変更、オープン対面式のキッチンから眺望を楽しむことが出来ることなどが特徴だ。同社が中古マンションを、ユニバーサルデザイン仕様にリフォームしたのち販売するバリューアップ事業を始めたのは昨年 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年9月10日