賃貸管理

その他

日住協・賃貸管理委が報告/「物件により収受判断」7割/「賃貸住宅共益費のあり方」調査研究/算出基準は「近隣相場」「物件規模」

 (社)日本住宅建設産業協会(日住協)賃貸管理委員会(福田紘一委員長)は、このほど「賃貸住宅における『共益費』のあり方に関する研究」の報告書をまとめた。  共益費を入居者から収受しているかについては「物件による」が68%を占め、「全ての物件で収受」は25%にとどまった。共益費の定義については「共用部分の維持管理の対価」が77%を占めたものの「家賃の一部」と答えた複数回答も32%に上った。共益費の算 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年9月10日