行政

その他

国交省/良好な景観形成へ/ガイドライン策定で検討委

 国土交通省は9月7日、地方公共団体の景観施策推進の参考になる「建築・まちなみ景観形成ガイドライン」の策定のため、「『建築・まちなみ景観形成ガイドライン』検討委員会」(座長=山本理顕・建築家・横浜国立大学教授)を立ち上げた。  同委員会では、ガイドライン策定へ向け、周囲の街並みや景観と調和する建築のあり方や良好な景観の形成へ向けて建築活動を行う事業者が果たすべき役割、事業者の取り組みを促す地方公共 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年9月10日