ハウス・住設

その他

松下電工/3層とも大開口できる門型フレーム

 松下電工は、都市部の狭小地に建てる3階建て住宅で、3層とも最大6メートル幅の全面開口にできる構造部材「Mフレーム全面開口システム」を開発した。従来の門型フレームでは、2階以上には構造壁を設置する必要があり、3層すべてを採光や通風に優れた大開口にすることができなかった。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年9月3日