行政

その他

知的生産性研究委/評価手法の標準化を/4部会で年内に方向性

 国土交通省が建築分野のソフト面での充実を目的にこのほど発足させた「知的生産性研究委員会」は、4部会で組織を構成、それぞれの専門的な研究の方向性を年内にまとめる計画だ。  部会活動は、環境・設備関連の「生理/心理部会」(部会長=田辺新一・早稲田大学創造理工学部建築学科教授)では環境・設備により作り出された物理環境が知的生産性に及ぼす影響を検討。知的生産性の客観的な評価手法の標準化を計画。同「計画/ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年9月3日