その他

連載

不動産金融のチカラ(12)/商品特性を決める要因とは

 不動産証券化商品の登場は、金融市場においてより多くの投資家に対して小口でかつ流動性を保ったまま不動産に投資するルートを開いた。不動産には、他の伝統的な金融商品にはない特性を有するため、投資家は、ポートフォリオに不動産証券化商品を組み入れることで、より望ましい運用を行うことができるようになったと指摘される。これは、不動産証券化商品が、不動産の収益を源泉とすることを踏まえれば、ある程度説得力がある指 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年3月26日