その他

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(641)/債務者が死亡したケース/相続人不在で回収できず/管理人を専任し任意売却

 バブル経済崩壊から、すでに15年を超える月日が経過した。バブル経済を知らない世代も多くなってきたこともあり、ここ最近、バブル経済を振り返る映画や論評などが目に付く。  バブル経済下で借入れ超過となり、破綻してしまった債務者も高齢化してきている。中には、死亡してしまう例も相当にあるであろう。  このとき問題となるのは相続である。被相続人名義の不動産はあったとしても、それをはるかに上回る債務がある。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年3月26日