統計・データ

その他

公示地価に対する実勢相場の目安/下落相場の1合目?/人気土地の上昇は継続

 一般に、不動産売買のモノサシは「実勢地価」である。今は、1997(平成9)年型、第7次土地ブームの流れにある。都心の人気商業地は、2倍高、3倍高とハネ上がって、昨年秋「ピーク」を打った。  今、下落相場の1合目に入ったようだ。5割高、7割高の高級住宅地、3割高、5割高の人気住宅地も順々に上昇が止まって、調整相場に変わっていくだろう。値上がりの低い「一般」住宅地は、1割高程度の強含みで落ち着きそう ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年3月26日