団体

その他

管理協/規制別の地域連携示す/5項目の事業モデルも提示

 (社)高層住宅管理業協会(川崎達之理事長)は22日、「マンションの規模に応じた地域連携と新たな住生活サービスモデル」に関する報告書を発表した。3000戸、300戸、30戸のマンション規模に応じ、地域社会との連携、協働の取り組みを示すとともに、認知症等徘徊者発見ネットの構築など、5項目のビジネスモデルを提示した。  同報告書は、マンションやマンション管理業界の特性を生かし、業務の一層の充実・拡大に ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年3月26日