不動産証券化

その他

【視点】企業の資産運用戦略/本業特化で儲けを出す/“バブル崩壊で学習済み”/市場は生き物先行き読めず

 順調な成長を続けている日本経済。増収増益、過去最高益の見出しが報道各社の紙面を飾る。その日本の経済は地価が占めるウエートが大きい。2006年末現在、土地の時価総額は約1300兆円、GDP比の約2.4倍に達している。しかし、それでもバブル期の半分に過ぎない。そしてバブル当時を振り返れば、個人のみならず各企業までが財テクに走ったことが思い出される。社内に運用者を置いて本業そっちのけの会社も多かったが ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年3月26日