ハウス・住設

その他

樹脂サッシ 徐々に普及/省エネ効果に業界期待/新築、リフォームで採用増

 アルミに比べて高い断熱性や遮音性を持つ樹脂製のサッシ窓を、新築やリフォーム時に採用する住宅が徐々に増えている。  樹脂サッシの材料である塩化ビニルは、アルミの約1000倍の断熱性能を持つため省エネ効果に優れ、高い断熱性によってシックハウスや住宅腐敗の原因となる結露の抑止効果も期待できるからだ。樹脂サッシとLow―E複層ガラス窓を取り入れた戸建て住宅を単板ガラスのアルミサッシ住宅と比べた場合、CO ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年3月26日