その他

連載

2007年米国不動産動向を探る/奥田“サム”貞沖/米国経済 先行き不安?/大手小売店舗でレイ・オフ

 去る2月27日、世界の証券取引市場で同時株安が発生した。当初は急成長する中国経済に陰りありとささやかれたが、実際のところは米国経済の先行き不安にも起因しているようだ。米国の基幹産業である自動車業界では、GMをはじめとする大手3社が依然として業績不振に喘ぎ、今年もレイ・オフや工場閉鎖を含む大型のリストラ計画が目白押しだ。さらには、ここにきて一般消費市場でもやや陰りが見え始め、大手小売店舗ではレイ・ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年3月26日