統計・データ

特集

【土地の有効利用特集】遊休地の積極活用を/地価動向最前線/“相場は調整局面へ”/大野地価研究所・大野 幸一所長/平成9年型・第7次土地ブーム

 今年の公示地価も注目地点を中心に全面的な上昇が予測される。大野地価研究所の大野幸一所長は、売り手の地価は下落、買い手の地価は安定、公示地価は上昇と見ている。土地相場は調整局面に入りつつあると指摘する同氏に2007年の地価相場最前線を分析してもらった。 ■震源地  (1)都心人気商業地  銀座5丁目、三菱辺りの土地相場は平成8年に前回の下落相場は坪6000万円で「底打ち」した。平成9年から「土地 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年3月19日