開発, 分譲

特集

【土地の有効利用特集】遊休地の積極利用を/生まれ変わる都市 再生が進む街並み/1都3県の主要プロジェクト

 バブル崩壊以降、死蔵されたままだった土地の有効利用が進み始めた。開発を支えるリスクマネーの流入と、土地神話の崩壊によって収益を上げない土地は保有する意味がない事実が認識されてきたからだ。都市近郊では止まっていた駅前再開発が息を吹き返し、都心の低未利用地では立地に見合った最有効利用を図る大規模プロジェクトが各地で進む。一方、個人や法人が持つ住宅市街地では、低金利を背景としたアパート建設が活発だ。本 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年3月19日