その他

社説

【社説】不動産の下げ局面に備えよ

 間もなく公示地価が発表される。最近の不動産取引をはじめ、オフィスビル賃料の上昇傾向や止まらない投資マネーの流入を見ると、商業地の上昇ポイントが1000を超えた昨年の基準地価を上回って上昇するのは確実だ。公的地価は現実の市場を追認して動くのである。  恐らく、公示地価発表直後には「不動産バブル」や「ファンドバブル」といった見出しが新聞紙上や週刊誌上に踊るだろう。しかし、大都市を中心とした現在の不動 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年3月19日