行政

その他

国交省に官製談合防止法を/中央省庁で初適用

 国土交通省は3月8日、公正取引委員会から水門工事の発注に関連した談合を主導していたと認定され、中央省庁としては初めて官製談合防止法の適用を受けたため、同件に関する会見を開き、その経緯などを説明した。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年3月12日