不動産証券化

その他

ラサールインベストメント/2007年の不動産投資戦略/投資対象の拡大が必要

 不動産投資顧問のラサール・インベストメント・マネジメントが3月6日に発表した「不動産投資戦略」によると、不動産投資家にとって2007年はこれまでの投資対象領域を拡大することが必要とアドバイスしている。  主要市場の優良物件に対しては、引き続き多額の資本が流入すると見ているものの、今後は、リターン獲得の重点を賃貸条件の変更や開発を通じた賃料収入の獲得、あるいは投資市場の選択を通じた賃貸収入の獲得に ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年3月12日