団体

その他

ARES調査/企業が不動産戦略転換/CRE導入 売却意欲が強い

 (社)不動産証券化協会(ARES)は、一般企業の不動産保有の意識調査を行った。不動産の取得・売却および保有・賃借のスタンス、証券化手法の認知度のほか、最近、一部の企業で見られる自社不動産を戦略的に有効活用する取り組みである「CREマネジメント」の導入状況を把握するのが目的だ。  その結果、前回調査(04年11月)と比較して、不動産取得を増やすと回答した企業の割合が2.4%から22.2%に、売却抑 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年3月12日