ハウス・住設

その他

大和ハウス工業/エネサーブ株取得/子会社化で支援へ

 大和ハウス工業は、東証と大証ヘラクレス上場で電力小売・メンテナンスのエネサーブ(深尾勲社長)の株式52%を取得し、連結子会社化する。原油高騰の影響で経営が悪化したエネサーブからの支援要請を受け入れた。約96億円でエネサーブが実施する第三者割当増資の引き受けと、創業者らが保有する株式の公開買い付け(TOB)を行う。エネサーブは上場を維持する。  大和ハウスは、商業施設などグループ関連施設の受電設備 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年3月12日