不動産流通・売買・仲介

その他

積水ハウス/住宅営業2000人採用/コア事業で利益体質強化

 積水ハウスは、収益の柱に育った不動産開発事業を今後も積極化する一方、創業以来のコアビジネスである住宅事業の強化に向けて、営業人員を年間500人ずつ合計2000人採用する。  前期に赤坂のビル売却で約400億円の営業利益を上げた開発事業は、仕入れ済みの2011年まで毎期300億円程度の営業利益を見込む一方、住宅営業は人員増強や大型新商品の投入によって利益率を現在の2倍以上に高め、将来的に不動産市況 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年3月12日