行政

横浜市/3地区68ヘクタールで密集市街地解消/住宅市街地総合整備事業 08年度導入へ計画策定

 横浜市は、鶴見区市場西中町地区6.1ヘクタールなど市内3地区計68ヘクタールに、住宅市街地総合整備事業を導入する。07年度早期に事業計画をまとめ、国の補助事業に採択されれば08年度に事業化する。密集市街地の再整備を目的に行うもので、住宅などの共同化や不燃化、狭あい道路の拡幅、小広場整備などを実施していく。  対象となるのは、市場西中町地区(鶴見区、6.1ヘクタール)、東久保町地区(西区、17.9 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年3月12日