行政

その他

瑕疵担保責任の履行確保関連で故意、重過失への対応/社会資本審で説明/住宅購入者等救済基金へ 一戸500円を積立て/保険法人の基盤固め

 国土交通省の諮問機関・社会資本整備審議会は8日、第13回住宅宅地分科会を開き、住生活基本法に基づく住生活基本計画(全国計画)の進捗状況や特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律案について検討した。事務局からは、瑕疵担保の履行確保法の保険に関する基金が1戸あたり500円程度になると想定していることなどや住生活基本計画における都道府県計画が5道県で策定済みになった状況の報告を受けた。新たな分科 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年3月12日