その他

連載

日米 不動産事情(8)/全米リアルター協会日本担当全アジア太平洋地区総括責任者・三澤 剛史/ワンストップショップ(上)/米では中傷にも普及/顧客の立場で信頼築く

 最近、不動産流通業だけではなく、他の業種でもワンストップショップというコンセプトが聞かれるようになった。アメリカでは90年代後半に発達したマーケット手法であり、不動産仲介会社が仲介業務にこだわらず、その周辺業務もグループ会社で取り扱う一種の顧客の囲い込みである。  周辺業務とは主に、エスクロー、住宅ローンあっ旋、権原保険(タイトル・インシュランス)、ホームワランティー、不動産鑑定や保険代理業務な ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年3月12日