開発

その他

ラサール/アジアの不動産/対象にファンド

 ラサールインベストメントマネージメントがアジア太平洋地域で初めてオープンエンド型のファンド「アジアプロパティーファンド」を組成した。設定日は2007年12月、運用期間は無期限。ルクセンブルク籍の会社型投信で、英国を拠点にしているパートナー企業と共同で行う。投資対象はアジア太平洋地域の不動産。約10億米ドルを投資する予定。当初のポートフォリオには、オーストラリア、シンガポール、香港、韓国の6億米ド ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年3月5日