行政

その他

国交省/京都で強度偽装/アパホテル2件が使用禁止

 国土交通省は25日、京都市内のホテル2件で構造計算書の偽装と耐震不足があったと発表した。両ホテルとも田村水落設計(富山市)の水落光男・一級建築士が構造設計を担当。一次・二次設計ともに建築基準法に違反していた。  京都市は、両ホテルの建築主・アパマンション=アパグループ(元谷外志雄代表)に違反是正計画の提出を求めるとともに、使用禁止を勧告し、速やかな耐震改修を行うよう指導した。  国交省は、偽装を ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年1月29日