行政

その他

国交省/新築住宅補修へ新法案/瑕疵担保責任の履行確保を/売主が供託か保険かを選択/今国会への提出 3月上旬を予定/保険は引受法人で

 国土交通省は25日から開かれている通常国会に提出する「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律」(仮称)案をまとめた。新築住宅の売り主などが供託制度と保険制度を選択し利用することで、新築住宅の瑕疵担保責任を果たせるようにする。新築住宅購入者の安心感も高まる。今国会での成立を目指す。(箭内誠記者)  同法案は、一昨年末起きた構造計算書の偽造等の事件を受け、住宅の売り主などが破綻した場合を含め ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年1月29日