その他

連載

日米 不動産事情(3)/全米リアルター協会日本担当前アジア太平洋地区総括責任者・三澤 剛史/アメリカ経済の日本観/アジア1位の利益率/日本は良好な投資市場

 アジアでビジネス展開するアメリカ企業の間では、急成長を遂げて市場開放をしている中国やインドに熱視線が注がれている。  しかし、利益を捻出しているという観点で見ると、その答えは「理解されにくく過去のもの」とされている日本がダントツであるとアメリカ唯一の全国紙であるUSAトゥディーは報じている。  「利益率から見れば、日本は世界の中で知られていない最大の秘密」とメリルリンチ証券ジャパンのチーフエコノ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年1月29日