ハウス・住設

連載

住宅・不動産業界 CSR最前線(17)/住友林業/社員主体にビジョン作成/主体的な実践活動促す/社会が求める企業像構築

 住友林業は、2020年の会社のあるべき姿を社員自身がボトムアップで考え、経営理念への反映を目指すユニークなCSR活動を展開中だ。背景にあるのは、利益追求一辺倒で会社は存続できなくなったという危機感。地球環境や少子高齢化といった問題が深刻化するなかで、グループ社員すべてが社会的課題を意識して業務に取り組まなければ、既存事業どころか、会社の存在さえ問われかねなくなったという時代認識である。  社員に ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2007年1月29日